最低賃金の上昇と施設園芸・植物工場経営

7月31日に厚生労働省より「令和元年度地域別最低賃金額改定の目安について」として報道発表がありました。これは同日開催された第54回中央最低賃金審議会による厚生労働大臣への答申によるもので、今年度の目安が示した引上げ額の全国加重平均は27円(昨年度は26円)となり、昭和53年度に目安制度が始まって以降で最高額とのことです。また全都道府県で20円を超える目安額となっており、引上げ率に換算すると3.09%(昨年度は3.07%)となっています。  今後は目安額にもとづき地方最低賃金審議会で地域別最低賃金審議が行われ、都道府県での最低賃金額が改訂されていく流れとなります。

最低賃金(地域別最低賃金 全国加重平均額) 、労働政策研究・研修機構(JILPT)より

 

この動きが施設園芸、植物工場の経営に与えるインパクトについて考えてみました。続きはこちら

 

 

JUGEMテーマ:農業