人工光型植物工場に関する新たなJAS規格制定の動き

人工光型植物工場が普及し、加工・業務用途でも利用されるようになってきています。最近ではセブンイレブンのベンダー企業が大規模な植物工場を稼働させ話題になっています。

 

そんな中で、従来のGAPなどとは異なり人工光型植物工場に特化した認証規格の制定の動きが出てまいりました。

 

土屋農業技術士事務所の投稿でご紹介しています。ぜひご覧ください。

 

 

ホームページ「農業・施設園芸・植物工場の未来」もご覧ください

 

by 土屋農業技術士事務所 所長 土屋 和

 

JUGEMテーマ:農業