台風15号が千葉市上陸(9月9日)

コンパクトながら発達した台風15号(FAXAN)が9日の朝5時前に千葉市(中央区)に上陸しました。最大瞬間風速で57.5mという過去最大の強風を記録し、千葉県内にも今も大きな被害をもたらしています。

 

台風の進路

 

台風15号は暴風域はコンパクトながら中心気圧が関東地方接近前でも950〜960ヘクトパスカル程度と強く、時速も30キロ程度と足の速い特徴がありました。この時速であれば接近時間が短いため台風対策の時間は限られ、進路予想が大切になります。気象庁の当日予報では「神奈川県から静岡県に上陸の可能性」というアナウンスもあり、これは結果的に外した予報でありましたが、地図上で台風進路の右側に強風が吹き込むことを考えれば、それでも千葉県側は十分警戒する必要があったでしょう。

 

米軍の台風進路予想

 

台風15号FAXAIの進路予想(米軍合同台風警報センター)

 

気象庁の進路予想図には、進路は範囲として示されおり、決めうちの予想とはなっていません。それに対し米軍関連機関が公開している進路予想図には、進路は一本の曲線として示されています。9日の零時を回った時点での米軍関連の進路予想は東京湾から千葉県方面を示していました。この時点での千葉市(筆者は台風上陸の千葉市中央区在住)は強風や豪雨には至っていませんでしたが、自宅方面に向かっていることは明らかでした。

 

台風に対する危機管理

 

足の速い台風でしたので、間際にならないと実感がわかない面はあったと思いますが、強い勢力を保ち、実際に千葉市中央区に上陸時にも瞬間最大風速57.5mという過去最大の強風が生じました。また気象庁から風と雨に対する警報は、通常より高いレベルで発せられており、危機管理が必要な状況であったと思います。一般住民の住居への台風対策は雨戸締めや片づけなど限られていますが、停電に対しての光源と水や食料の備蓄は必須であり、合わせて通信手段の確保、貯水など、間際でもやるべきことはいろいろとあると思われます。

 

現時点でも非常に多くの世帯や施設で停電が続き、二次災害のリスクも大きくなっています。千葉県は九十九里など太平洋沿岸での台風による強風被害が多く、また最近では茨城県も含めた広域の塩害もありました。今回のような強力で東京湾からのコースでの上陸は初めてのケースではないかと思います。被害が広範に及び、また現時点でも多くの方たちが大変なご苦労をされていると思いますが、今後もこうした災害が多発するという前提で、危機管理を行政や組織のみならず、ひとりひとりが心がける必要があると感じています。まずは身を守ることから。

 

 

ホームページ「農業・施設園芸・植物工場の未来」もご覧ください

 

by 土屋農業技術士事務所 所長 土屋 和

 

 

JUGEMテーマ:農業

コメント